ブログ

         ◆オーナー‘Sブログをリニューアル致しました。◆

    ◇2012年8月以降からこのページにブログを移動致しました。

    ◇2012年8月以前のブログは下記をクリックして、見てください。

   これからも、ハワイの最新情報を随時お知らせしていきます。(*^_^*)


   ◆2012年8月以前のブログを見たい方は

       をクリックしてください。(計57話)




先月5月30日にホノルル空港が「ダニエル・K・イノウエ交際空港」

祝う式典が、ホノルル空港で行われ、

ホノルル空港の看板がホノルル空港から、

「ダニエル・K・国際空港」に交換したそうです。


空港に名前がつくほどの「ダニエル・K・イノウエ」さんて、

何をした人なんでしょうね。


簡単に言えば、ホノルル出身の上院議員。

第二次世界大戦で右腕を失っても、戦後は53年に渡り上院議員を務め、

日米関係に貢献した人!!


いやー簡単に言ってはいけない感じがしますね〜。

本当にすごい人!!

いっぱいありすぎて、

何に貢献したのがメインなのか、解らなくなるくらいです。


まず、「ダニエル・K・イノウエ」

(これ以降はイノウエ氏で記名します。)は、正式には、


「ダニエル・ケン・ダン・イノウエ」


人種的には、父が日本人の兵太郎さん、

母が日本人のカメさんですので、純日本人!!


国籍的には、アメリカで生まれたので、

アメリカ人!日本国籍は持っていたかは不明!


ホノルルで育ち、

ハワイ大学で学び、医学の道を目指していたんだそうです。


丁度その時期に第二次世界大戦が起こり、ハワイで医療支援活動を志願!


その後アメリカ軍を志願して陸軍となり、

その時イノウエ氏に事件がおきました。

陸軍として戦っている最中に、

イノウエ氏が手榴弾を投げようと、右腕を上げたその時、

ドイツ軍が投げた砲(グルネードランチャー)が上げた右腕に命中し、

右腕が切断。(+o+)

その時イノウエ氏は、自分の切断された右腕に持っていた手榴弾を左手で取り、

ドイツ軍・トーチカ軍に投げ込み命中させたそうです。(+o+)


それでも諦めること無く、

右腕を失った状態で、機関銃を持ってドイツ軍と戦い続けたそうです。(+o+)


イノウエ氏は、英雄として勲章を授与されました。

凄すぎ!


右腕を失って、医学の道を諦めハワイ大学に復学し、

今度は政治学を学んだんだそうです。

その後、ハワイ大学を卒業し、

次にジョージ・ワシントン大学の法科大学院に進み博士号を授与され、

1954年には、友人で同じ退役軍人の

「エルトン・サカモト」「サカエ・タカハシ」とともに

「セントラル・パシフィック・バンク」を設立したんです!

現在もロイヤルクヒオホテル近くでは、

ワイキキトレードセンター通りにあります。




という事は「セントラル・パシフィック・バンク」の設立者は日系人!!

ビックリですね〜。


残念ながら私はファースト・ハワイアン・バンクを利用してます。


イノウエ氏はそのような凄い人だったんですね〜。

それだけではありません、

その後も政界に進出してアメリカ初の日系議員となりました。


議員としても凄すぎで、戦時補償法の制定や、

ウォーターゲート事件

(1972年に民主党本部で起きた盗聴侵入事件に始まった、

アメリカの法治事件)や、

イランコントラ事件

(アメリカのドナルド・レーガン政権がイランへの武器売却代金を、

ニカラグアの反共ゲリラ(コントラ)の援助に流用していた事件)等の、

上院調査特別員委員長となり注目を浴びたり、


上院歳出委員会の国防省委員会で上級委員として、

オバマ政権で閣僚をを務めたエリック・シンセキの、

陸軍参課総長も務めていたんだそうです。


イノウエ氏は連邦議員生活53年間上院議長という地位にありました。


上院議長と言えば、アメリカの議会政治の権力の順位で言うならば、

NO1はアメリカの大統領 NO2が、副大統領 

NO3が、上院議長という、高位置!!

未だに人種差別の残るアメリカで、日系議員としてここまで成功した例はないそうです


その他イノウエ氏の貢献は、ハワイが沢山の連邦補助金を獲得するのに、

手助けした、大物政治家!!


ハワイでは州知事より、ハワイへの影響が強かったと言われてます。


また、オバマ大統領よりも英雄視されていたようです。


その他、全米日系人博物館(ロサンゼルス)の理事長も務めており

軍人に贈られる最高位の勲章である、名誉章も受賞してます。

ナポレオンの栄典制度のレジオンドヌール勲章も受賞してます。


2011年の東日本大震災の3か月後には、日本を訪れた際には、

「暴動や略奪が一切なかったと聞きましたが、私はアメリカ人ですが、

同時に日本人である事も非常にほこりに思いました。」

と賞賛していたそうです。(#^.^#)

両親が日本人ですので、日本人への暖かい気持ちが有ったんでしょうね。


また、大日本帝国軍人の中国や韓国の慰安婦への暴行があった事に関しても、

日本政府が1994年にそれを認め、謝罪した事を尊重すべきと、

日本国外諸国との良好な関係を続けるという目的から、

新たに謝罪を求めている国に対して反対したそうです。


そんなイノウエ氏は義理人情の熱い人だと言われてます。


また、ホノルル空港の発展や維持にも貢献していたようです。


まだまだ、出てきそうです。

色々な分野で色々な貢献をしてきた人なんですね。


オバマ大統領が、「イノウエ氏が居なかったら、私はここに立って挨拶をする立場になっていなかったであろう。」

と追悼式で挨拶していたそうです。

というのは、オバマ大統領がまだ11歳のころ、

テレビでウオーターゲート事件追及の先頭に立って指揮している、

イノウエ氏の姿をみたのが、政治への道に進むきっかけになったんだそうです。

よほど恰好良かったんでしょうね。

憧れるほどですからね。(*^_^*)

きっと、沢山の人に影響を与えてきたんだと思います。

見るからに暖かそうな感じの人ですしね。


心が優しく、自分の事より人の為に一生懸命になる人だったんではないでしょうか。

格好いいですね〜。


人の為、国の為に生きた「ダニエル・K・イノウエ」氏は、

ハワイの主流空港の名にふさわしい人でした。(*^。^*)

享年 88歳!!アメリカは日本の様に定年が無い場合が多いんです。

88歳までこの重要なポストを務めたイノウエ氏、

日本人として、ほこりを感じた日でした。(#^.^#)  



  市章



           掲載者;ハワイコンドミニアム.com


ハワイでコンドミニアムをお探しでしたら、ハワイコンドミニアム.comにご連絡ください。








先日渡航の際、2019年から走るホノルル・レール・トランジェットが、

どこまで伸びたか、

友人とともに、車で線路に沿って走ってみました。

いつの間にこんなに線路が伸びたのか??

いつの間にこんな工事をしていたのか??

終点はイーストカポレイ!!

この終点の駅の近くには、新しいショッピングモールが建ってました。

そのモールの名前は、「カ・マカナ・アリイ」ショッピングモール!!

終点駅として、良いですね。


このショッピングモールに寄ってきたので、

ちょっと「カ・マカナ・アリイ」ショッピングモールについてお伝えしますね。

この「カ・マカナ・アリイ」は、2016年の10月にオープンしてました。

アラモアナにもあるメーシーズをアンカーストアーに、

約100店舗のショップとレストランが有るようです。

映画館もありました。

広さは、まだ工事中の場所もあつたので広く感じませんでしたが、

104000平方フィート! 解りませんよね フィートじゃ (笑)

東京ドーム約2,8倍の広さだそうです。

今は、ワイキキからは遠いせいか、お客さんはあまりいませんでしたね。

「ホノルル・レール・トランジェット」が開通すれば、

だいぶお客さんも増えるでしょうね。

この「カ・マカナ・アリイ」の写真を撮ってきました。


「カ・マカナ・アリイ」の入口です


いくつも店舗が入ってました。


 
この「カ・マカナ・アリイ」に来ているお客さんはここに集中してたかな?


まだちょっとまだ寂しいかな?



2016年10月にオープンしたとはいえ、

まだ全店がオープンしているわけではありませんでしたからね、

お客さんの数も少ないんでしょうね。



話しは戻りますが、このトランジェットは、

日本の日立製作所が2014年に

イタリアの複合企業のフィンメカニカという会社から、

日立が鉄道車両事業を買収したそうです。

その日立が買収した会社が、

この「ホノルル・レール・トランジェット」の、設計と製造を請け負っているんです。

この買収した鉄道車両事業は、現在は名前を

「日立レールイタリア」に名を変えてます。(*^。^*)!!

日本の日立の名が出て、本当に嬉しく思いました。



というのは、この間ニュースで、

インドネシア ジャワ島の新幹線の受注交渉に中国に負けたのを見たからです。

インドネシアで初となる、高速鉄道計画で、

ジャカルタと西ジャワ州のバンドンの約140キロを結ぶ鉄道計画の受注競争で、

2015年9月に中国が受注に成功した話しです。

日本は今までにインドネシアに対して、

鉄道整備の支援や日本の古い鉄道車両等の譲渡等を行ってきました。

この日本の古い車両等は、インドネシアでは特急車両の一等車両として使われていたんです。

まぁそんなところからも、インドネシアの鉄道の関心の低さは感じますよね。

この日本からの古い車両は、めったに壊れる事も無く、安全!!

そりゃね〜。

これがインドネシアでは、

「外国の車両は安全で壊れない。」って思ったんでしょうね。

日本製は値段も高く、インドネシアからすれば煩わしい検査が面倒だったようです。

日本は高速鉄道計画の実現可能性の為に、環境を調べたり、

資源等各要因に基づいて調べる必要がある為、日にちがかかるし高い!

ところが、中国は日本の物と同じような事業計画書を出し、

その上、建設に関して異例の案を出したんです。それは、

@「インドネシア政府の費用負担をゼロ」とする。

A「事業が失敗した際の債務保証も求めない」

そして、すぐに工事開始すると言ってるし、安い!


で、日本とインドネシア’の受注交渉が進んでいる中、

途中で入ってきた中国が受注に成功したわけです。(^_^;)


そんな事があったばかりでしたので、

日本の企業の「日立」の名が出て嬉しかったわけです。

すいません、脱線してしまいましたね。



このトランジェットは、

アラモアナセンターからイーストカポレイの約32キロの長さだそうです。

東京の電車の速さで考えると、時速80キロ〜90キロ位なので、

80キロで考えると各駅で止まるとすると40分〜50分の感じなのかな?

全駅は21駅だそうです。

この「ホノルル・レール・トランジェット」は、

自動運転システムだそうです。(*^。^*)

自動運転って無人システムですよね。

日本の「ゆりかもめ」や三島〜神戸空港の「ポートライナー」等も

自動運転システム’ですね。

自動運転が許されるほどの安全対策が、施されているんですね〜。

じゃなきゃ、自動運転システムは不可能ですもんね。

ホームからの転落等も無人でも事故が起きないようにしなければなりませんしね。

また、車両の接触事故が無いようなシステムも重大!!

ホームには線路との間に仕切りドアーとかも作られるのかもしれませんね。


来年の2018年には、全駅ではなくて、

9駅ぶんのみを先に走らせるらしいです。


全ての工事が終了する2021年にはハワイの新たな楽しみが増えますね。

まずは来年が楽しみですね〜。







    

           掲載者;ハワイコンドミニアム.COM   











ハワイの有名なスポットの1つ、

「クカニコロ・バース・ストーン」には何度か訪れてますが、


初めは全て友人とでしたので、

何も知らずパワーが貰えると勘違いしていました。


この入口に有る大きな石に前を歩く人達が手をあてていたのを見て、

てっきりそれが儀式だと思って、触れてしまっている人も多いはずです

※上の写真の右の石に触れている人が多いようです。


違うんです!!

ハワイには、このような聖地に行く時には、

守らなければいけないいルールが有ります。

ツアーコンダクターと訪問してないと解らない事ですよね。


ハワイの聖地に入る時の基本的な作法をお伝えしますね。


 聖地に入る前に立ち止まり、

      名前、どこから来たか、親や先祖の名前を述べる。

    ◆ できれば3代さかのぼって家系を言う


2 その聖地に来た目的を言う。

    ◆ 例えば「私はハワイの伝統文化を深く理解し、

         癒しのマナを受けるためにここに来ました」等

              ※ マナとは霊力の事

 最後に、入っていいか許可を求める。

    ◆ 「ここに入る事をお許しください。」と念じる、


※ その許可の返事は周囲の自然環境から読み取るそうです。

例えば、ここちいい風が吹いたり、鳥のさえずりが聞こえたり、

気持ちのいい感じを受ければOKのしるしなんですね。

逆にストレスを感じたり、鳥肌が立ったり、

嫌な感じを受けたら許可が貰えてないという事のようです。


以上の3つが、

ハワイのパワースポットの場所に入る前に行うルールなんです。


でも、しかし、現在は観光の名所にもなってますし、

なかなか大勢の中で、この入口で立ち止まるのも難しいかもしれませんね。


そんな時は、せめて

「癒しのマナを受けるために、ここに入ることをお許しください、」

と一言心で念じて入ってください。

鳥肌が立ったら入らない方がいいですよ。


もう1つルールがあります。

このクカニコロ・バース・ストーンは、

安産や、子宝に恵まれる祈願の為に訪れる人も多いようですが、

安産や子宝の為であっても、

ここは、あくまでハワイに住む人の為の聖地なので、

旅行者はここにある石に触れてはいけないそうです。

残念(+o+)


下の写真の、木で囲まれた中の石の上で、

王族の妊婦達が出産したんだそうです。

この石には、出産の苦しみを和らげるマナ(霊力)が宿っており、

苦しまずに出産が出来たようです。



この木に囲まれた石こそが、その霊力の宿った、

バース・ストーンなんです。

先日行った時には、この中心の石には触れられないように、

ロープで囲ってありました。

この石に座って記念写真をとったり、

小さな子供を上に乗せて写真を撮ったりする人々もいたからのようです。


また、この木に囲まれた場所に行くまでに、

左側に、20平方センチくらいの石が並んでいたのですが、

それは出産時の立会人が座る石なんです。

綺麗に一直線に並んでましたので、

私も何か意味が有るんだとは思ってました。


この「クカニコロ・バース・ストーン」行かれる時は、

聖地に入る時の基本的な作法を必ずして、

どの石にも触る事なく、

心にハワイの文化を尊重する気持ちを持ち、

この聖地に行ってみてください。

オアフでも最高に強いエネルギーが出ている場所のようです。





          掲載者:ハワイコンドミニアム.com


   ホノルルでコンドミニアムをお探しでしたら、ハワイコンドミニアム.comにご連絡ください

ここをクリックしてください。





前回はマツモトシェーブアイス一帯の「ハレイワ・ストア・ロッツ」についてお話ししましたが、


マツモトシェーブアイス自体が凄かったんですよ、

お店の中がね。

「こんなグッヅいっぱいあったっけ?」

って思わず言いたくなる感じでしたねぇ。

シェーブアイスのカウンターも何だか手際良くなったみたいでした。

早い!連携がうまくいっている感じ!

んー新しいのもいいけど、昔のあの古さも良かったなぁー(+o+)

マツモトシェーブアイスにあったグッズを、

写真に撮ってきたので見てください。

前はこんなに無かったですよね〜。

 








なんか、通販サイトみたくなってきたのでここいら辺でやめますが’、

凄くないですか〜。

オーナーの顔ののった携帯カバーもありましたよ。(上の写真左)

極め付けが100%コナコーヒー!!

ここにもマツモトシェーブアイスの名前が…


店の中も広くなって、おしゃれになりました。






こんな感じですので、行ってみてください。



                 掲載者:ハワイコンドミニアム’.om

ここをクリックしてください。




ページ移転前のブログはこちらから オーナー’sブログ

最新の記事

    アーカイブ

      カテゴリー

      HOMEおすすめコンドミニアムご利用料金ご予約状況よくある質問お客様の声会社概要ご予約フォームブログプライバシーポリシー
      ハワイ ワイキキのホテルコンドミニアム 格安レンタルなら、ハワイコンドミニアム.COM
      (C)2015 Hawaii Condominium.COM all rights reserved.