ブログ



「マカデミア・ファーム・アウトレット」は、こーんな看板が入口にあります


下の写真は、このファームの入口です。



マカデミアナッツ・ファームのご説明の前に、

マカデミアについてご説明しますね。


ハワイと言えばマカデミアナッツも絶対浮かびますよね。

そーんな、マカデミアナッツって、

どんなふうな木になっているか知ってますか?

下の写真が、そのマカデミアナッツの木です。




で、どんなふうに実がなっているかというと、

下の写真のように実がなっているんです。



この実のでき方というと、

このマカデミアの木が、下の様な甘ーい香りのする花を付け、

この花の房から5個〜15個くらいの丸い実ができるんですって!

その実が、上の写真のマカデミアナッツ!!



枝に下がっているうちは、収穫はまだ先!

茶色くなって、枝からポロッて地面に落ちたら収穫時期!!



この写真の外皮はまだ緑色!これが茶色に変わり地面に落ちます。


下の写真は茶色くなって、地面に落ちた実です。




このマカデミア・ファームでは、専用の機械で、

自然落下した果実を収穫し、

機械で上の写真の外側の外皮をむいて、

その後4日〜6日以上機械で乾燥させ、

最後に、下の写真のように、内皮の除去をして、

マカデミアナッツを取り出すそうです。

ファームでは機械で内皮をむくんですけどねヽ(^。^)ノ


下の写真は友人が、このファームで大きなコンテナの中にあった実を

置いてあって石でやっと割って手にした所の写真です。

自由にいくつでも割る体験が出来ます。



ちなみに私は下の写真のように割れました〜(笑)

バラバラでーすヽ(^。^)ノ



その割り方ですが、

この下の写真にある、大きな石を下にして、

その上に有る小さな石でたたいて割るんです。(*^_^*)

なかなか割れないんですよ。コツがいるのかなぁ??

それが面白かった!




自由にいくつでも割ることが出来るので、

下の地面はマカデミアナッツの殻ばかりで埋め尽くされてました。


また、このファームでは、下の写真のように色々な物も売ってます。

マカデミアナッツは勿論ですが、

マカデミア風味のコーヒーの試飲もありますし、

アロマオイル、マカデミアの花から取ったハチミツとか、なんか色々。




このマカデミアナッツ・ファームの建物はだいぶ古い感じですが、

なんかアットホームな感じが良かったです。

なんか、タイムマシンで昔にトリップした感じ!







でも、このファームには3台くらいの大きなバスも着いてました。

ツアーでもあるのだと思います。

下の写真は、このファームの駐車場です。

車で来ている人も多かったです。



こんな感じのファームです。

わざわざ行くのではなく、

ちょっと立ち寄るのにはいいかもしれませんね。



豆知識

マカデミアナッツの効能が凄いんです。

◆ 血中のコレステロールを下げる作用があります。

◆ 心臓病にかかる率を下げる作用があります。

◆ ノーコレステロールです。

◆ 食物繊維が豊富です。

◆ パルミトオレインサンが豊富です。
 (動脈硬化や高血圧を予防する働きがある)


この場所はワイキキから車でクアロア牧場に行く手前にありますので、

クアロアに行く時に寄ってみてはどうでしょうか〜(*^_^*)








下の写真はハワイのタロイモです。いかにも栄養ありそうですよね。




下の写真はタロイモの葉、こーんなところで育つんですね。



こーんな広大な自然の中であのタロイモが獲れるんです。

栄養価が高いのにカロリーが低いそうです。

大体色が濃く育った野菜は栄養価が高いですよね。


ごはんやパンよりもカロリーが低いため、

ダイエット食品として使われる事も多いらしいです。

ご飯やパンの半分のカロリーって、何かに書いてありました。

凄ーい!

その上、消化もいいため赤ちゃんのミルクの変わりに使うこともあるらしいです。

どう作るかは不明ですけどね。


そーんなタロイモをメインにお弁当を作っている、

「ポイ・ファクトリー」に行ってきました。


「ポイ」は良く耳にしますよね。

でもどんな料理か解らない人も多いので、ちょっと説明しますね。

ポイは、蒸したタロイモを水にさらしながら粘りが出るまですり潰した

食品です。

古代からハワイアンの主食として使われてきたそうです。

下の写真が「ポイ」です。




低カロリーで消化がいいし栄養価も高い!

なのでベビーフードにも使われていたそうです。

今回のお弁当に入ってたかなぁ〜?

小さな入れ物にデザートのように入っていたのだとしたら、

甘くておいしかったです。

でも「ポイ」を食べた人の口コミを見ると、

「まずい」「味がしない」「里芋を潰した感じの味」「食べられない」

等の感想が多いんですよね〜。

違ったのかな?

また、現地の人はこの「ポイ」を2日〜3日発酵させて食べるそうです。

だから、現地では「ポイ」は酸っぱいのが普通なんですって。

観光客用の「ポイ」は食べやすくしてるのかもしれませんね。(*^_^*)


また、ハワイでタロイモを知った方も多いと思います。

だからハワイ産のお芋って感じがしますが、

南アメリカや東南アジア等の暖かい国では、

主食として使われている国も多いそうです。


そんなタロイモを使って、お弁当を作って売っているんですね。

今回ほどタロイモだらけのお弁当を食べたのは初めて!!


まず、こーんな感じの場所にある「ポイ・ファクトリー!!」

繁華街じゃない!

山の中の一画!!



良い景色でしょう。(*^_^*)

で、もうすぐ右側に有るんです。


有った〜(*^_^*)

えっ?えっ? これ?(・。・;



何も調べずに行ったので ちょっと予想と違ってビックリ!

でも車を降り友人とお店の前に回ると、
裏とは違い沢山の人が行列作って待ってたんです。



ほら〜(*^_^*)


駐車場は2台分しかないので、
車は道路に止めましたが凄くないですかぁー?車の数!

もっとずーっと長く道路上に止まっている車多いんですよ。





ほらね!


で、お店のお弁当を買ったカウンターです。


このレジで、お弁当を注文します。

メニューはこれ!


何だか解らず18ドルのプレートを、友人の分を含め3プレート購入!


上の写真以外にこれも〜(・。・;


ちょっと待って!!

えっ?

1プレートだけで、こんなに!

無理〜(-_-;)  多すぎ!!

結局2プレートだけ袋から出して、みんなでシェアー!!

残りの1つはお土産にしました。(笑)

味は美味しかったです。

豚肉を柔らかく蒸した「カルアピッグ」かな?

凄く柔らかかったし、味も美味しかったです。

上の写真の海苔みたいのが、イカとタロイモの葉を煮込んだ料理だと思いますが、

これも美味しかった〜(*^_^*)

ちょっと、ホウレンソウっぽいけど優しい甘味がありました。

お芋の葉って感じの味。

説明が難しいけど薄味だけど、ちゃんとした味!

ちょっと多すぎでしたね。日本人には!

パラソルの下の人達は、みーんな綺麗に食べてました。

地元ハワイでは有名なお店らしいですよ。



ちなみに、このお店のメニュー説明で、

ポイ   ; 地元のタロイモの球茎(芋の部分)を、
        蒸してペーストにしました。
        (高いビタミン、ミネラル、酵素)

ラウラウ ; タロイモの葉に包まれた古典的なハワイ料理

カルアピック ; 豚肉の肩肉をティーリーフで包み、
       ジューシーで柔らかくなるまで蒸した料理

ラウラウ ; タロイモの葉で包まれた豚肉の、ハワイの古典的な料理

イカルアウ; イカとタロイモの葉の煮込み料理

ビーフルアウ; 味付け豚肉とタロイモの葉の煮込み料理

ハウピア; 伝統的なココナッツミルクベースのハワイアンデザート

等々 

PS;ハワイでタロイモを大切している訳は、
ハワイには空の紙様がいて、
その空の神様に生まれた第1子(長男)が生まれてすぐに亡くなったそうです。
その後、その長男のお墓の上にはタロイモの葉が生えた事でハワイの人々はタロイモを大切に思っているんだそうです。


ワイルドな1日でしたね〜(笑)









ダウンタウンに向かう途中に、

あの有名なカメハメハ大王の像や、イオラニ宮殿などの

歴史的な建物や像が多くある場所がありますが、

その地区にセント・アンドリュース大聖堂があります。

意外と外側からは解りにくい為、通り過ぎてしまう人も多いとか。


このセント・アンドリュース大聖堂は、

ハワイの綺麗な場所の紹介されている小冊子で見たことがありました。

また、結婚式のパンフレットでも見た事がありました。


いつか、この綺麗なステンドガラスのある、

「セント・アンドリュース大聖堂」に行ってみたいと思ってましたが、

ダウンタウンに向かう途中通りががり、急にその機会が訪れたんです。


中の見学が出来るか不安でしたが、外に立っていた教会の人が

「どうぞ」と優しい笑顔で返してくれましたので、

中に入らせて頂きました。


入って、入ってきたドアー側(エントランス側)を振り返ると、

「素晴らしい!!」

床から天井まで入口以外はステンドガラスで埋め尽くされてました。

下の写真が、その時の写真です。

携帯で撮っているので、肉眼の様な感動はできませんが、

本当に綺麗でした。


この下に入って来た入り口が有るんです。

床から天井までの高さは15メートルだそうです。



このセント・アンドリュース大聖堂の歴史は、

1862年にカメハメハ4世の命令で建てられ、

(建設が始まったのはカメハメハ5世の時だそうです。)

100年近い歳月をかけて造られた総石創りなんだそうです。

総石創りの重厚感は、やっぱり凄い!!


また、そのステンドガラスの目の前には、

下の写真の様なキリスト様の像が置いてありました。



通常はこの像ではなくて、

下の写真のように聖水が置かれているようです。



下の写真は教会の内部ですが、総石創りですので、本当に重厚でした。

この教会のパイプオルガンの音色が凄いらしく、

この総石創りの壁や天井に響いてかなり素晴らしいらしいです。

いつか聞いてみたいですね。(*^_^*)






また、このステンドガラスは、エントランスだけではなくて、

この教会の側面にも沢山の窓があり、

下の写真のようにその窓が全てステンドガラスでした。


教会の中ですと、写真もつい遠慮してしまい、いつもの様にバシャバシャと写真が取れませんでした。すいません。m(__)m


なんか、この大聖堂の中でパイプオルガンが鳴り響く中、

沢山の信者が聖書を持ちながら、

「アーメン」とお祈りしている姿が目に浮かびます。


豆知識ですが、

「アーメン」とはヘブライ語で、

ユダヤ教やキリスト教で「誓い」や「祈り」に同意を表す為に唱える言葉で、「その通りです。」や「そうなりますように」

の2つの意味を持つそうです。


また、大聖堂は通常は1つの町に1つだけ存在するそうです。



心が洗われた日でした。



掲載者;ハワイコンドミニアム.COM

ワイキキでコンドミニアムをお探しでしたら、ハワイコンドミニアム.COMにご連絡ください。






ハワイでたいやきは似合わない!!

でしょう〜(*^_^*)


でもハワイ雑誌の口コミで、

「カリフォルニアで大きく展開しているたい焼きのチェーン店」

と書かれていたのでどんなものか興味深々でした。

お店の名前は「somi somi」


で、買い物でアラモアナに訪れたとき、

このたい焼き屋さんに寄ってみました。

場所は、フードコートの中ではなくて、駐車場側のカレーハウスcoco壱の並びに有りました。


で、ビックリ!!

日本人ではなくて日本人以外の外国人の行列が出来てたんですよ。

下の写真がその様子です。(+o+)



ほら!外人ばかり!まだ日本では知られてないのな?


周りにお店もいくつかあるのに、ここだけが賑わってました。


で、どんなものか、ウインドウからのぞいてみたら、

下の写真見て〜

日本のたい焼きとはちょっと違う形のたい焼きの皮!!

口の部分が開いてる!!



ほら!拡大してみました。



口を大きく開けたたい焼き??

お店の人は、この皮の部分を拾い上げると、

いきなり口の部分から内側全体をチョコレートで塗りたくってました。



で、それから別のカップにアイスクリームをたっぷり渦巻き状に入れて、



あ!!そのアイスにさっきたい焼きの皮の内側にチョコレートを塗りたくった口の開いたたい焼きの皮をかみつかせたんです。



出来上がりです!!

名古屋の金のシャチホコ状態ですよね〜。

赤いマカロンのようなものをトッピングして完成!!



まぁ確かに美味しそうかも!


このお店、カルフォルニアに11店舗も構えるチェーン店なんです。

テキサスにも2店舗あるそうです。


現在もどんどん店舗を増やしている人気店なんですね!!

アメリカのニュースやドキュメンタリー番組でも取り上げられた事があるお店で、

「日本にインスパイアーされたお店!!」

って言われてるそうです。

インスパイアーとは、インスピレーションの動詞形で、

感化されたの意味になりますね。(*^_^*)


全然違うのにね!!

あんこではなくてアイスだもんね。

下の写真は日本のたい焼きですが、美味しそう!!


何かいい匂いがしてきそうな感じですよね。


今回はビュッフェでお腹いっぱいの後の訪問でしたので、

見学だけでしたが、今となると食べてみたかった〜。


アラモアナですので、行った際は寄ってみてくださーい!(*^_^*)



掲載者;ハワイコンドミニアム.COM

  ハワイで、コンドミニアムをお探しでしたらハワイコンドミニアム.COMにご連絡ください。






この上の写真の像は、全て砂で出来てるんです。

シェラトンワイキキでは、通年を通じてロータリーの所と、

ロビー前に見事な砂のアート作品が飾られてるんです。

上の写真、素晴らしいですね!!


この像は、サンタとハワイの妖精たちが、ハワイの子供たちの為に

サンタのソリにプレゼントを運び込んでいる様子を像にしたもののようですが、その細かさに驚きます。


2006年に始まり、12年続いて作られているサンドアートなんですね。


今まで過去に作られた像も、ハワイにちなんだ像で

「ホクレア号の世界一周航海」の像や、「海の女神のナーマカ」の像などハワイらしい像でした。


可愛らしいスノーマンの時もありました。


可愛い〜(#^.^#)


冒頭の写真の一番右に立っている男性!サンタなんですが、

サンタの顔を、近くで撮影したのが下の写真です。


細かい表情まで、凄くないですか〜!!

目の表情や、笑っている口とかね、凄いですよね。

いますよね、こんな感じの人!

砂で作られているとはビックリですね。


こんな素晴らしい像の作成中に訪問しちゃいました。


今回はロビー前の像の作成中にお邪魔しました。


こんな感じの50代〜60代くらいの男の人でした。








まず、砂と水を程よい硬ささに混ぜ合わせてました。

良く練って丁度いい固さになったら、像の作成開始です。




砂と水を入れた入れ物の中を、素手でまたさらにこねてます。




丁度良くなったら、手のひらで土を増やしたり減らしたりしてました。




その後、こて(ヘラ)の様なもので平らにしたり削ったりして像を作ってたんです




勿論手のひらも使って形を整えます。(*^_^*)




おっ!!出来てきました。大きな魚のようです。





じゃーん!!まだ未完成ですが、なんかすごーい!!



この男性は何も見ないでイメージで作っているのでしょうか??

私が見ていた30分間は、設計図的なものは1度も見てませんでした。


きっと、こんな感じという絵か写真は、

この作成者の頭の中に記憶されているんでしょうね。


プロだから、あとはイメージで作っているのかも!!


下の写真は後日、完成した様子を撮りました。(*^。^*)


素晴らしい!!

あの手のひらと、ヘラのような物だけでここまで作ったのでしょうね。

凄すぎ〜ヽ(^。^)ノ


お時間が有りましたら足を運んでみてくださいね〜ヽ(^。^)ノ





    掲載者;ハワイコンドミニアム.COM

    ワイキキでコンドミニアムをお探しでしたら、ハワイコンドミニアム.COMにご連絡ください。







ページ移転前のブログはこちらから オーナー’sブログ

最新の記事

    アーカイブ

      カテゴリー

      HOMEおすすめコンドミニアムご利用料金ご予約状況よくある質問お客様の声会社概要ご予約フォームブログプライバシーポリシー
      ハワイ ワイキキのホテルコンドミニアム 格安レンタルなら、ハワイコンドミニアム.COM
      (C) Hawaii Condominium.COM all rights reserved.